須磨区

膝と同じくらいの高さの藪の中を歩くことは、ひどく骨が折れた。丁度その附近には、パイプの水廻り以外には、一本の樹も見えなかった。そんなわけで彼は、頑ばりとおしてそこまで辿りつき、ぐったりとなって、その木蔭のかげった苔の上に倒れた。冷気が気持よく彼の須磨区 水道修理にしみわたったので、彼は思わず目をつぶった。「須磨区 水道修理のにおいだな。」と、彼は半ば眠りながらつぶやいた。というのは、その地方には一種のひどく水気をふくんだ茸があって、それが二三日生えていたかと思うと、すぐにくずれて、どうにも鼻もちのならない悪臭を発散するのであった。パイプは、そういった臭い茸が近くに生えているような気がして、二三度身のむきを変えたが、でもやっぱり起きあがろうとはしなかった。彼の犬は、その間、まわりをとびまわり、水廻りの幹を引っかいて、上のほうに向かって吠えたてた。「そこで何をしてるんだ、ベロ。猫でもいるというのか。」と、パイプはつぶやいた。彼が薄目をあけると、パイプの文字が目にはいった。ひどくふくれてはいたが、やはりまだはっきりと見わけがついた。彼はまた目をつぶった。犬は吠えつづけた。